FC2ブログ

俺だけのモテ道

私なりに「モテ」について考え実践していきたいと思います。 さらに時事ネタやプロレスネタ、 加えて「恵比寿会」の話なんかも織り交ぜて楽しい話が出来たらな、などと考えています。

キングスロード 2.28後楽園ホール大会観戦雑感

私の王道探求の旅はまだ続く・・・・・

キングスロード2.28後楽園ホール大会「EXCITE」を前売り券で生観戦。
感想を軽く。

前回はガッカリ半分、今後の期待半分だったキングスロード。
さてさて今回はどうなることやら・・・・

試合は19時開始。
平日って事もあって開始時間に間に合わず。
会場に到着した時点で第二試合の入場が始まってました。
客入りはパッと見で前大会の半分くらい。
かなり空いてます。
南側リングサイドはガラガラだったので自由に座れて嬉しかったですね。

まずは池田、イナズマ組vs橋本、原組。
で、リングアナのコール。
凄く良くなってる。
以前のダメダメコンビと比べるのも失礼なくらい良くなってる。
でも、チョット早口というか急ぎすぎな印象もありますね。
深呼吸して間を取ってのコールを心がけて欲しいです。

試合の方は原がアームロックで勝ってましたね。
なんかどうでもいいテーマなき試合です。
う~ん、パートナーがやられまくって合い方が火山大噴火ってのはある意味王道プロレス。
そういった意味でテーマはあったのかな?
今大会は三試合タッグマッチが組まれてましたがどの試合もこの流れ。
悪くないとは思うのだがそればかりではちょっと・・・・ねぇ?

だから長井、石狩組vs雁の助、リッキー組では長井火山大爆発。
このクラスでは長井が頭二つ出てますね。
強さが圧倒的。
ただ、試合に絡む時間が短かったような気もします。
コンディションが悪いのかもしれませんね。
試合後のマイクでは吠えまくってましたから大丈夫だとは思いますけどねw

コンディションといえば久しぶりの日本マット登場のジョージ・ハインズ。
相手がターザン後藤&越中。
こりゃ相手が悪いです。
初めは驚くほどのクリーンファイトを展開していた後藤も途中からは凶器を使ったファイトに。
パートナーのコリノがビール瓶攻撃でフレアーばりの大流血。
そのコリノの頑張りで盛り上がりまくりの会場。
で、ジョージにタッチしてジョージ火山大噴火!!
ドロップキック連発から懐かしの二段蹴り!!
・・・・も、かなり短かいフィーバータイムでアッという間に逆転。
最後はジョージが越中に抑えられて試合終了。
う~ん、こんなバッドエンドでいいんだろうか?
しかも凶器ファイトを展開しまくったターザン後藤が試合終了後に四方にしつこくアピール。
ただ両手を挙げるだけなんですが、乗ってる客が全くいない。
そりゃそうでしょうね。
あれだけ残忍なファイトしといて声援を期待するほうがオカシイ。

そんな後藤つながりでもう一人の後藤の参戦にも触れときましょう。
私も大好きな選手である後藤達俊が王道マット初登場。
やっぱり上手い。
シングルを任せられる動きしてますね。
相島では相手にならなかったです。
バックドロップ一発で試合終了。
チョット怖いけど宮本戦がみたいかも・・・・
キングスロードの全てを賭ける試合になりそうですけどね。

さぁさぁメインイベント。
宮本vs大森。
とりあえず煽りのV。
アメリカ帰りの先輩である大森が宮本の考え方を一喝!
なんかイデオロギー闘争のようで無意味な煽りだったと思います。
特に宮本のアックスボンバー対策の特訓シーン。
そして、大森の「それ無意味だよ」発言。
場内大爆笑。
私もず~っと笑ってましたw
王道には笑いはいらないと思う。
今後は考えていただきたい。

さて、試合。
まずはロックアップから力比べ。
宮本頑張るが力では大森かな?
なんと言っても大森がでかい。
天龍よりもでかく感じる。
更に宮本が動けない。
前回感じた躍動感が全く無い。
風邪でもひいてんのか?って感じです。
その為か大森に捕まりっ放し。
打ち合いも出来ない。
大森のエルボースマッシュに踏ん張れない。
とにかくダメダメ。
なんか見所無くアックスギロチン→アックスボンバーで試合終了。
う~ん、期待外れ。
宮本はエースというなら常に一定以上の試合を提供し続けないと。
かなりムラがあるファイトです。
更に言えば場外戦が多すぎる。
馬場が最も嫌った試合展開。
う~ん、最悪。

総評としては3年後の武道館はより遠のいたかな、と。
まず無理といっても過言ではないです。
私は地味に応援する為にチケットを購入して後楽園に足を運ぶつもりですけどね。

それと気になったのは王道という言葉。
軽々しく使いすぎ。
川田のせいかもしれないけど・・・・
彼なら「俺だけの王道」宣言も許せたんですよね。
馬場の王道プロレスの体現者の一人であったのは間違い無いことですからね。
他の体現者がいなくなってしまったんですから正に「俺だけの王道」です。
でも宮本の「俺なりの王道」にはチョット待った~!です。
そんなものは許されん!
大切なのは自分自身の満足では無くて周囲からどの様に評価されているかという事。
簡単に言えば人の話を聞くって事だね。
これが出来ない人は大体最終的に駄目になります。
このままでは宮本の独りよがりになってしまわないか心配です。

それとターザン後藤の「これが王道だ~~~」って凶器攻撃するやつ。
最悪です。
あんなのを王道のリングに求めてる人はいないはず。
馬場体制の頃なら一発で反則負けになるような行為が横行するリング・・・・
これは本当に「王道」を探求しているものが集いしリングなのか?
考えさせられます。

「王道」・・・・英訳するとroyal roadです。
kings roadじゃないんですよ。
kings roadって言葉を使ってるって事は馬場の王道を意味しています。
少なくとも周りにそのようなメッセージを発信している・・・その事は忘れないで欲しいです。

以上 [キングスロード 2.28後楽園ホール大会観戦雑感]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2006/03/01(水) 12:08:59|
  2. 観戦記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

恵比寿会最高幹事

02 | 2006/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search