FC2ブログ

俺だけのモテ道

私なりに「モテ」について考え実践していきたいと思います。 さらに時事ネタやプロレスネタ、 加えて「恵比寿会」の話なんかも織り交ぜて楽しい話が出来たらな、などと考えています。

いきなりですが

20070305132517
恵比寿会のキャプテンandモックと江ノ島に来てます。
風が強いね。

以上
スポンサーサイト



  1. 2007/03/05(月) 13:25:17|
  2. 恵比寿会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

研修の記録届く

18年度の研修の記録なるものが届きました。
なかなかの頑張りが伝わってきていいもんですね。
可能な限り続けて欲しいです。
そんなジュニアリーダーの研修についていって中高生を見ていて思うことを一言。
「もう無理だ・・・」(イメージは引退会見での千代の富士)

私もかなりの元気者という自負がありますが年々衰えてきています。
研修も数年ぶりに参加したときは気合が入っていました。
(時間だけでなくいろいろな問題を感じ取ったからかな・・・)
酒タバコをひかえて体を鍛え研修に臨んだものです。
ただ、現在ではそんな気力もありません。
体がついていかないんです。
スポーツでもやってればいいんでしょうがゴルフは走らないからなぁ・・・
プロと比較しても意味ないし・・(ナンセンスw)

私はもう引退した身です。
ハートは衰えていない自信はありますが、年齢差が開きすぎました。
直接の指導は年齢の近い青年層がけじめを持ってあたるものと考えます。
それが組織としての健全な姿です。
知の引継ぎ、技術の連鎖なのです。

まぁ、私でも出来そうなことをお願いされたりするとノコノコついていってしまいます。
ただ現場は戦場と同一。
若さゆえに至らない部分があるとつい口を出してしまうんですよね。
これがいけないんです。
自律を妨げる事になるのです。
更なる自律の為にも全く関らないことが最善であると考えます。

だって自分で伝えられる事は十二分に伝えてるはずですから。
感動しただけじゃ駄目なんです。
感動は形にした時に初めて次の世代に引き継がれていくんです。

私は形を残したつもりですよ。
イズムとまではいきませんが、感動の大切さだけは皆に伝えました。
今度は若い人たちが更に若い人たちに感動を伝えていく番です。
それが自律に確実に繋がりまくってます。

私の活動は中央から地元にシフトしています。
そういった年齢になってきたからね。
離れていても志は同じはず!
続けていれば、また関ることもあるでしょう。
その時を楽しみにしたいと思います。

以上
  1. 2007/03/05(月) 07:33:11|
  2. 活動家として|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

恵比寿会最高幹事

02 | 2007/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search