FC2ブログ

俺だけのモテ道

私なりに「モテ」について考え実践していきたいと思います。 さらに時事ネタやプロレスネタ、 加えて「恵比寿会」の話なんかも織り交ぜて楽しい話が出来たらな、などと考えています。

全日本プロレス「2007チャンピオンカーニバル」第4戦3.29後楽園ホール大会観戦雑感

全日本プロレス「2007チャンピオンカーニバル」第4戦を前売り券で生観戦。
感想を軽く。

本日は気分を変える為に都営三田線の春日って駅から後楽園ホールへ。
思ってたよりも遠くて疲れるだけでしたね。

まずはオープニング。
メキシコアミーゴス登場。
初日から連続で来てる人~?って質問に元気良く手を挙げる観客。
(もちろん私も元気に挙手!)
なんか誉められたみたいで嬉しかったです。
本日のゲストはダチョウ倶楽部。
お約束連発の楽しいオープニングでした。
これまでのゲストの中では一番の大物、、、期待です。

さて第一試合。
真田vs平井。
注目は真田の入場テーマ。
オープニングは明らかに聖闘士。
体つきもいいし、頑張って欲しいです。

次は6人タッグ。
小島組vsメキシコアミーゴス
アミーゴスの「ビバ!メヒコ!」に対抗して小島の「ビバ!日本!」が出るなど、そこそこの面白さ。
更にダチョウ倶楽部のネタなんかも入って小気味いいです。
エストレージャも見れて私は満足ですね。
小島は最終戦に向けていい骨休めです。

休憩前の第3試合、Bブロック公式戦、RO’ZvsTAJIRI
何故か観客にキレまくってるRO’Z。
もう尋常じゃないキレ方で、そっちに気がいって仕方がなかったです。
試合はTAJIRIが緩めた帯をRO’Zが引っ張ったら取れちゃってビックリで毒霧で丸めてピン。
とにかく怒りまくるRO’Zw
最後は因縁の観客に向かって椅子をバーン
私としてはそっちの対戦の方がみたいくらいです。

休憩明けの第4試合、Aブロック公式戦、太陽vs大鷲
大鷲の入場はノリがいいね。
ノリって部分では鈴木みのるに次ぐものがあります。
で、Aブロックで大鷲が勝てそうなのが太陽って読みだったんで期待してました。
でも期待はずれ。
大鷲が勝ちそうなシーンが無いんです。
結構パワーで真っ向勝負するタイプなんで力負けしてるんですよね。
今回は大鷲以上のパワーファイターとやってる太陽に凌がれちゃってんです。
勝ち星を残したいなら丸めたりしてもいいかなって気もするけど、ここまで来たら最後まで真っ向勝負してもらいたい。
最終戦の健介戦に全てをぶつけろ!

第5試合は6人タッグ、VMvs武藤組
最早恒例のTARUのゲストへの水かけ。
でも素直にリングインのTARU。
おかしいなって思ってたら、納得のシーン。
ダチョウ倶楽部が3人なんで近藤とブラザーも水かけに参加。
ところが・・・・肥後&寺門は傘を持参!これは技ありですねw
なぜか、傘の無い上島はポリタンクの水をかぶるはめに・・・面白いですね!
ここでは、定番の蘇生ネタを披露。
流石はダチョウ・・・・ただでは転びません。
更にダチョウ倶楽部は試合にもチョット参加。
武藤の椅子攻撃を肥後を盾にして防ごうとするTARU!
そのTARUを羽交い絞めにして武藤の椅子攻撃をアシストした寺門!
面白いですよおぉ。
それと武藤はTARUを固定して上島に水をかけさせるシーンてのもありました。
もっとペットボトルを上に挙げて欲しかったね。
試合のほうは武藤があっけなく勝つかなって思ってましたがブラザーが反則負け。
中嶋を紐かなんかでロープに固定して椅子で足を痛めつける、と。
まぁ、あれくらいやっとかないとブラザーじゃ中嶋の相手にならないだろうから丁度いいね。
ブラザーと対戦すると誰もがパワーファイターになっちゃいますからw
最終戦で中嶋が挑戦をうけるか楽しみです。
でも全日本に一言。
中嶋は健介オフィスの選手で借り物なんだからしっかり守らないと。
事故を防ぐポリスが欲しい。

セミファイナル、Aブロック公式戦、健介vs諏訪魔
まず、諏訪魔入場。
足引きずってます。
昨日のダメージが残ってる感じ。
対する健介も右腕に負傷してます。
こりゃ短期決戦かな?なんて思ってたら、いきなり仕掛ける健介。
ラリアートからフェースクラッシャー。
でも諏訪魔が凌いでスクールボーイげに丸める。
それもかなり健介のケツが上がってる・・・首が詰まって返せずピン。
あっという間に試合終了。
場内騒然ですが私は喜んでました。
諏訪魔は負けると脱落だったんでね。
公式戦全日程を終了して2勝1敗1引き分けで5点。
悪くないですね。
更にマイクでTARUに勝利を報告する諏訪魔。
認めたくは無いがVM愛みたいのがあるみたいね。
ふ~んって感じ。

さぁメインイベント、Bブロック公式戦、鈴木みのるvs川田
ごめんなさい、この試合は開始前、セミ終了時点で結果見えてました。
時間切れ引き分けです。
で、その通り。
やはりこのリーグ戦を通じてビンビン感じる鈴木の強さってかコンディションの良さ。
コンディションが常にいいのはディーロと越中だけど、それに匹敵するかもね。
それに対して、首に不安を持つ川田、パッとしません。
まぁ、観客のヒートを誘う試合ではあったけど、いい試合ではなかったね。
中盤の鈴木のバックドロップで首を攻められてから防戦一方の川田。
ただ、なんとか凌いでやりかえすって感じ。
それらしく盛り上げてフルタイムドロー。
鈴木みのるが嫌いな昔からの全日本ファンは気が狂いそうだったんじゃないかな?
川田の不甲斐無さに、、、、もう見てられないくらいにコンディションが悪いからね。
これで川田と鈴木は最終戦を残して3点で並びました。
悪くない展開。

さぁ残すは最終戦です。
とにかく豪華なカードばかりだもんね。
武藤vs太陽、小島vs川田、鈴木vsTAJIRIなんてのも・・・・
私の予想が当たる余地も残ってますんで楽しんできたいと思います。

以上 [全日本プロレス「2007チャンピオンカーニバル」第4戦3.29後楽園ホール大会観戦雑感]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2007/03/30(金) 12:01:18|
  2. 観戦記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

恵比寿会最高幹事

02 | 2007/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search