FC2ブログ

俺だけのモテ道

私なりに「モテ」について考え実践していきたいと思います。 さらに時事ネタやプロレスネタ、 加えて「恵比寿会」の話なんかも織り交ぜて楽しい話が出来たらな、などと考えています。

鈴木桂治の連続一本負けに思う

私は中学、高校の頃は体育の授業で柔道やってました。
高校は校庭無いのに立派な柔道場がありましてね。
男子校だったし、そこそこ力を入れていたんでしょう。 (現在は共学になってます)

そこでの授業で体重別のリーグ戦がありましてね。
そのリーグ戦での禁じ手がタックルだったんです。

タックルって言ってもプロレスのショルダータックルとかじゃないですよw
レスリングの両足タックルなんかのこと言ってます。
両手で相手の足を取って倒すって事です。

あれが禁じ手だった理由。
それは練習した技を使わなくて良いからです。
体力がある人が相手を引き倒すだけの競技になってしまいます。
最早「道」でもなんでもないですね。

で、今回。
鈴木桂治がその戦法で完敗。
私は恥ずかしながら「こんな事が許されていいのか!」って思ってしまいました。

はい、答えは簡単、許されていいんですよ。
プロの試合でもなんでもないんですから。
オリンピックは勝利至上主義。
どんなに魅せても勝たなきゃ駄目なんです。

柔道は色々な技があります。
決まれば美しささえ伴うものも少なくありません。
ただ、強引かつ単純な両足タックルに対応してこそだと思います。
柔道を様式美を追求した儀礼にしてはいけません。

日本柔道は全日程終了して金4銀1銅2。
日本発祥の競技として合格点なんですかね?
私には良く分かりません。
まぁ、これもテコンドーで韓国が金メダル8個くらい獲ったらボロクソに言われちゃうんでしょうけどねw

JUDOと柔道か、、、、なんかボブ・ホーナーを思い出します。
海の向こうにもう一つのベースボールがあった、、、それは野球。。。。
JUDOと柔道の狭間に思い悩むって時代が来ちゃったんですかね。

苦しい時こそチャンス到来です。
なんでも上手くいってるって事の方がおかしいんです。
伝統の重みと確実な結果、、、、、21世紀の柔よく剛を制すに大いに期待します。

以上
 
これってプロレスゲームとかでもいえるかもね。
あれって力量上の人の度量の大きさで試合になってるって事もありますから。
潰し合いではなくてプロレスの試合、、、、持ってるナイフが錆びてたらどうしようもないですけどねw

おわり
スポンサーサイト
  1. 2008/08/20(水) 08:13:43|
  2. こんなこと思った・・・|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<復活に向け | ホーム | ひさしぶりに>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yebisukaipsychokanji.blog10.fc2.com/tb.php/2074-b5e88728

恵比寿会最高幹事

06 | 2019/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search