FC2ブログ

俺だけのモテ道

私なりに「モテ」について考え実践していきたいと思います。 さらに時事ネタやプロレスネタ、 加えて「恵比寿会」の話なんかも織り交ぜて楽しい話が出来たらな、などと考えています。

全日本プロレス「2009チャンピオン・カーニバル」開幕戦4.5後楽園ホール大会観戦雑感

今年もチャンピオンカーニバルが開幕です。
単純に楽しみですね!

全日本プロレス「2009チャンピオン・カーニバル」開幕戦4.5後楽園ホール大会を前売り券で生観戦。
感想を軽く。

試合開始が5分以上遅れました。
これはメジャー団体として由々しき事態。
5分くらいいいやではなくて、なんで遅れてるかすぐに説明して欲しいです。
絶対に有料放送との兼ね合いじゃないよね?
だとしたら現場軽視ということになる。
ライブの力で推し進めてる私の立場がなくなるので勘弁して欲しいです。

まず入場式。
何事も無く終わるかな?と思ったらやはり鈴木と諏訪魔がおっぱじめちゃいましたね。
2人の対戦、、、、今年も楽しみです。

さて試合へ。
第1試合、近藤&KAI&大和vsTARU&稔&歳三
この日、唯一のリーグ戦以外の試合です。
テーマは稔と近藤の初遭遇ってことだったみたいですけど、、、VMの試合なんでそんな雰囲気は皆無。
とにかく歳三の無気力な感じが現代社会を示してるんですかね。
試合はその歳三が大和を仕留めて終了。
スーパーフィッシャーマンはまぁスーパーなんで悪くないとは思います。(体格差とキャリア差が無いと出来ないけど危険技です)
ただ蹴りはなんとかならんのかね?
とにかく会場を盛り上げられない動きだと思います。
効くと盛り上げるは違うからね。
なんならK-1でも行ってきてみてチョ。

さぁ、ここからは公式戦一気です。
第2試合、Bブロック公式戦、浜vsゾディアック
まずゾディアック。
意味不明なポリタンク投げつけ入場。
なんかポーズで強引に盛り上げちゃうからいいよねw
対する浜は203キロ430パウンドに増量!
初エントリーながら体格で外国人に負けてないってのは武器です。
日本人最重量って事である意味チャンピオンだしねw
試合はゾディアックが打撃で攻め込むんだけど浜が受けきって勝ち。
DDTなんか良かったですし投げきって即フォールのリョウタハマーは彼向きな技ですね。
将来的には垂直落下式に消化させて橋本みたいになってくれたら最高です。

第3試合、Aブロック公式戦、西村vs真田
こちらの真田も若手の初エントリー組。
ロングタイツからショートタイツに戻してて好印象。
更に星のマークついてるね。
これはエース候補の証とみた!
個人的に期待大です。
試合は西村が足痛めて真田が足攻めって展開。
たまにエルボースマッシュで反撃してたけど西村はほとんどやられてたんじゃないかな?
単純に真田がしとめ切れなかった残念な試合でした。
結果は足狙いの真田を西村が丸め込んでピン。
途中までは真田が猛攻しかけてたんで本当に残念。
投げ技にいけなかったのが痛かったね。

第4試合、Aブロック公式戦、カズ・ハヤシvsジョー・ドーリング
大注目の試合、21世紀の牛若丸-弁慶なんです。
2人が絡んだら面白いに決まってます。
体格で圧倒するドーリング。
キャメルクラッチなんか強烈だったし投げも放り捨てるって感じで迫力です。
対するキングカズはスピードとカウンターですね。
拷問技を凌ぎに凌ぎきって大逆転。
ってか最後はパワープラントで思いっきり正面突破でジョーを撃破です。
これぞプロレスの醍醐味の一つですね。
やはりライブの力を感じさせる組み合わせでした。

第5試合、Bブロック公式戦、太陽ケアvs鈴木みのる
世界タッグ王者同士の対戦です。
悪いとなんとなく時間切れ引き分けなんかになるパターンです。
が!
GURENTAI対決にそれはなかった!
開始から激しいぶつかり合いで互いに容赦なし。
特に太陽の水平打ちと鈴木の右腕攻めがインパクトでしたね。
意地の張り合いのような攻防の末、スリーパーを凌いだ太陽がTKO34thで勝利。
この技は開発当時よりも垂直落下度が格段にアップしてて強烈な技に進化してます。
素晴らしいですね。
ありがちなパートナー対決に終わらせなかった鈴木みのるも負けて尚光る好勝負だったと思います。

セミファイナル、Bブロック公式戦、小島vs諏訪魔
なにげに開幕戦に組まれた好カードです。
試合はラフで諏訪魔が仕掛けてスタート。
とにかく頭部にパンチを集中してきます。
更にダブルチョップに切り替えてきたり巧みです。
小島もエルボードロップとか隠し技の雪崩式フランケンとかで反撃するんですけど単発なんです。
諏訪魔はその後も得意技を惜しげもなく披露。
でもバックドロップホールドを繋ぎで使ってはいけませんね。
一撃必殺の説得力を加味して使わないと。
ただ、かんぬきスープレックスは良かったと思います。
隠し技としても魅力的です。
結局は凌ぎきって小島の勝ち。
ロープに振って自分も走る最強ラリアート理論が爆発しちゃいましたからね。
諏訪魔も返せなかったですね。
諏訪魔は9割くらい攻めてての逆転負け。
う~ん、どうでしょう?

メインイベント、Aブロック公式戦、武藤vs高山
超大物同士のシングルマッチが実現です。
ムタはムタなんで高山は武藤とはシングル初対決。
ドーム級のカードと言ってもいいでしょう。
試合は極々静かな立ち上がり。
とにかく腰が悪いって感じの武藤が頑張って高山の足を攻めまくってました。
で、たまに高山の大砲が炸裂するって展開ですね。
とにかく低空ドロップキックで勝負の武藤。
ドロップキック→シャイニング→足四の字はまんまキンコロの流れです。
最後は徹底した一点集中攻撃が実って武藤がギブアップ勝ち!
UWFインター殺しの足四の字がここで活きてくるとはね。
プロレスは奥が深いです。
高山はジャーマンを封じられた事が痛かったですね。

って事で開幕戦終了。
三冠王者が初戦黒星ってのはサプライズ。
それとキングカズが勝ったってのは金星でしょうね。
星取が楽しみです。

以上
 
いよいよ今夜は決勝です。
なんか私の予想を外れてますね。

でもキングカズが金本みたいになってきてるのが面白い。
期待イッパイでJCBに行ってきます。

おわり
スポンサーサイト



  1. 2009/04/12(日) 11:17:54|
  2. 観戦記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<JCB | ホーム | 急な訃報>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yebisukaipsychokanji.blog10.fc2.com/tb.php/2535-2fcdaa2c

恵比寿会最高幹事

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search